元大手百貨店物産展担当者が旬や季節感にこだわりご当地物産展で販売される本物のお取り寄せをお手伝いするインターネット産直(産地直送)通販
<おことわり>消費税率引き上げに伴いメンテナンス中です。一部商品はこちらでお買い求めいただけます。
     
会員の方はこちらから
   

商品カテゴリーでさがす

キーワードで検索する

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

特集ページ

「お取り寄せ」で東北・関東の被災地支援-物産展ダイレクトドットジェーピー東日本大震災復興支援プログラム
仕入代金に加算して商品代金の10%以上が東日本大震災被災地の取引先に復興支援金として支払われます。
東京・横浜/名古屋/京都・奈良・大阪・神戸で開催されるご当地物産展カレンダー
旬と季節感があれば物産展がもっと楽しい。物産展×歳時記
産直ギフトでお中元 物産展ダイレクトドットジェーピー中元ギフトセンター
スローライフ
みんなで食料自給率アップ!物産展ダイレクトドットジェーピーはFOOD ACTION NIPPONの推進パートナーです。
物産展ダイレクトドットジェーピーはFOOD ACTION NIPPONの推進パートナーです。

物産展ダイレクトドットジェーピーは個人情報を保護するためGeoTrustの所有運営するRapidSSLを導入して通信を暗号化しています。

春分
穀雨
物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記タイトル
物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記清明「玄鳥至つばめいたる」 物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記清明「虹始見にじはじめてあらわる」
更新日 2012/04/04
※このページのコンテンツ、商品情報は更新日現在のものです。

    4月4日は二十四節気の清明です。

爽やかな季節がやってきました。空も長閑(のどか)に青く澄みわたり、眩しいほどの春の日差しに花々が咲いています。燕が飛来するのもこの時期です。入れ替わりに雁などの冬鳥が北へと戻っていきます。

    清明の暦

4月 4日清明「清浄明潔」の略で「万物ここに至って皆潔斎なり」と言う言葉が示すように、この時季は春の爽やかな気候に桜や草木の花が咲き始め、うららかな日が続きます。沖縄ではこの日に墓参の行事(清明祭・ウシーミー)が行われます。
4月 8日仏生会釈迦は4月8日に誕生されたとされており、この日に寺院では法会が行われます。多くの信者がこの日に寺院を訪れ、幼少の釈迦仏に甘茶をかける慣わしです。
4月 8日虚子忌正岡子規とも親交が深く、俳句誌『ホトトギス』の発行人だった俳人・高浜虚子の命日です。1874(明治7)年愛媛県松山生まれ。客観写生、花鳥諷詠を提唱し、『ホトトギス』からは多くの俳人を輩出しました。
4月 9日食と野菜ソムリエの日日本野菜ソムリエ協会が平成17(2005)年に制定。野菜ソムリエサミットや特定の野菜(2011年はトマト)をテーマに料理コンテストが行われます。野菜ソムリエや企業、自治体と連携して「日常的に食を楽しめる社会」、「農業を次世代に継承できる社会」を創造するのが目的です。
4月10日駅弁の日駅弁業者の団体・日本鉄道構内営業中央会が、「明治の時代より鉄道の旅の友として多くのお客様にご利用され、親しまれてきた「駅弁」を新しい歴史の中でこれからも末永くご愛顧されるよう」に願って平成5(1993)年に制定しました。弁当の弁の字が4と十に分解できることと、弁当の当(とう)の語呂合わせで4月10日としたそうです。
4月11日吉野の花会式奈良県・吉野山の金峰山寺の法会です。蔵王権現にこの時季まさに盛りの吉野桜を供えます。僧侶・山伏・信徒らが竹林院から蔵王堂まで行列で練り歩きます。法要の後蔵王堂境内において採灯大護摩供を勤修し、「千本づき」でつかれた餅を撒く式も行われます。12日まで。
4月12日パンの記念日天保13(1842)年のこの日、伊豆韮山の代官で軍学者だった江川太郎左右衛門が、韮山の自宅の窯でパンを焼きました。江川の師匠であった高島秋帆の従者で、長崎でオランダ人から製パンを学んだ作太郎の指導によるものでした。これが日本における本格的なパン製造の発祥とされています。これを記念してパンに関する正しい情報の発信を通して、パン食の消費拡大および日本のパン文化に対する理解促進を図るパン食普及協議会が1983年3月に制定しました。ちなみに毎月12日も「パンの日」としています。
4月13日十三詣知恵や幸運を授かるために、数えの13歳の子女が4月13日に嵐山・法輪寺に参詣する行事です。帰途の渡月橋で渡り終えるまでに振り向くと、授かったものを失うとされています。主に京都市内近辺で続いている行事です。
4月13日啄木忌詩人・歌人の石川啄木が1912(明治45)年のこの日27歳で没しました。啄木は岩手県盛岡の曹洞宗の寺院に生まれ、中学中退後教員になりましたが退職。その後函館・札幌・釧路などで記者などで生計を立てていましたが、創作を志して上京しましたが、生前に名を立てることなく不遇のうちに亡くなりました。
4月13日水産デー水産関連の業界団体、大日本水産会が昭和8(1933)年5月に制定しました。毎年さまざまな行事を開催します。
4月18日土用立夏の前の十八日間の初日です。夏の土用とも。汗ばむこともあって季節の移り変わりを感じることができます。
4月18日鞍馬の花供養京都・鞍馬の鞍馬寺の花供懺法会です。吉野の花会式同様仏前に花を供えて読経します。22日までの4日間に、舞・狂言・謡曲・茶事・生花の芸事や稚児行列なども繰り広げられます。
4月19日御身拭京都・嵯峨野の釈迦堂の法要です。本尊の釈迦牟尼如来も開帳され、紫衣の高僧が白木綿で本尊の身を拭います。死後の経帷子にするため、参拝者は白木綿を争奪します。
4月9日は食と野菜ソムリエの日 野菜ソムリエの作るピクルスをご紹介します。
<丸タ田中青果>野菜ピクルス(ミニトマトワイン漬)

<丸タ田中青果>野菜ピクルス(ミニトマトワイン漬)

新鮮なミニトマトを湯むきしてから白ワインと蜂蜜をベースにした甘酸っぱいピクルス液で漬け込みました。

留萌で保存料・着色料無添加で漬物を生産する<丸タ田中青果>。その野菜ソムリエの田中美智子さんが野菜ピクルスを作りました。

販売価格: 630 円 詳しくはこちら

<丸タ田中青果>野菜ピクルス(ミックスピクルス)

<丸タ田中青果>野菜ピクルス(ミックスピクルス)

新鮮なにんじん・大根・きゅうり・セロリ・ミニトマトをアップルビネガーと蜂蜜をベースにしたピクルス液で漬け込みました。

留萌で保存料・着色料無添加で漬物を生産する<丸タ田中青果>。その野菜ソムリエの田中美智子さんが野菜ピクルスを作りました。

販売価格: 630 円 詳しくはこちら


    清明のおすすめ商品

「紫蘇」「しそ」あります ドリンクからお漬物まで、紫蘇を使った商品をご紹介します。

<智里東農事組合法人>三反百姓のしそ・うめ 200ml

<智里東農事組合法人>三反百姓のしそ・うめ 200ml

信州産の梅果汁を使った30%飲料です。

販売価格: 210 円 詳しくはこちら

<長久保食品>しそドリンク赤紫蘇(あかしそ)

<長久保食品>しそドリンク赤紫蘇(あかしそ)

日本に古くから伝わる赤紫蘇をたっぷり使い手間ひまかけてドリンクにしました。 和製ハーブ、しそのパワーを実感してください。 しそのおいしさをお届けします。

販売価格: 788 円 詳しくはこちら

<智里東農事組合法人>三反百姓のしそ・うめ 1l

<智里東農事組合法人>三反百姓のしそ・うめ 1l

信州産の梅果汁を使った30%飲料です。しそと砂糖で飲みやすく仕上げました。

販売価格: 630 円 詳しくはこちら

<刈谷食品>しそ巻あんず

<刈谷食品>しそ巻あんず

あんずをしそで巻いた秋田・鹿角(かづの)の伝統食です。

販売価格: 2,100 円 詳しくはこちら

<刈谷食品>しそ巻あんず

<刈谷食品>しそ巻あんず

あんずをしそで巻いた秋田・鹿角(かづの)の伝統食です。

販売価格: 420 円 詳しくはこちら

<刈谷食品>あんずしそ風味

<刈谷食品>あんずしそ風味

甘酸っぱく漬け込んだあんずにしそで風味付けした秋田・鹿角(かづの)の伝統食です。※写真は200g入です。

販売価格: 2,100 円 詳しくはこちら

<刈谷食品>あんずしそ風味

<刈谷食品>あんずしそ風味

甘酸っぱく漬け込んだあんずにしそで風味付けした秋田・鹿角(かづの)の伝統食です。

販売価格: 420 円 詳しくはこちら

<長久保食品>もものしそ巻

<長久保食品>もものしそ巻

柔らかく甘露煮にした桃に、しその葉を巻きました。 桃としそのハーモニーは、お茶うけに最適です。

販売価格: 578 円 詳しくはこちら

<長久保食品>あんずのしそ巻

<長久保食品>あんずのしそ巻

あんずの種を取り、しその葉でやさしく包みました。 さっぱりとした甘さと、あんずのほのかな酸味が人気です。

販売価格: 578 円 詳しくはこちら

<長久保食品>紫蘇餃子(しそぎょうざ) 12個×5パック

<長久保食品>紫蘇餃子(しそぎょうざ) 12個×5パック

青しそをぜいたくに丸々一枚包み込んだ風味豊かな餃子です。

餃子に欠かせない豚肉は、新潟産の「和豚(わとん)もち豚」を使用し、群馬県産のキャベツを加えることで自然の甘味を引き出しました。 梅の風味も加え、モンゴル産の天然岩塩、きび砂糖などで味付けをしています。

こだわりの紫蘇餃子をお召し上がりください。

販売価格: 3,465 円 詳しくはこちら

<長久保食品>ごぼうのしそ巻

<長久保食品>ごぼうのしそ巻

使用するごぼうは品質と太さを厳選。 柔らかいしその葉でていねいに巻いて本醸造醤油で漬け込みました。

福島物産展には欠かせない<長久保食品>のしそ巻き姉妹品です。

販売価格: 473 円 詳しくはこちら

<長久保食品>しその香きゅうり

<長久保食品>しその香きゅうり

ほんのりしその香りが漂う、きゅうりの一本漬け。 国産の良質きゅうりのパリパリとした歯ごたえをお楽しみ下さい。

販売価格: 420 円 詳しくはこちら

<長久保食品>長久保しそ巻 30本

<長久保食品>長久保しそ巻 30本

秋に収穫した国産大根を塩漬けで1年間じっくり寝かしたものを水にさらして塩抜きし拍子木状に切ります。

半年以上塩漬けにしてから塩抜きした国産、中国産の紫蘇の葉で1本1本丁寧に手作業で巻きます。

巻き上げた後、秘伝の調味液に漬け込みました。本醸造醤油の風味と紫蘇と大根のパリパリした食感が絶品です。

販売価格: 473 円 詳しくはこちら

<長久保食品>きゅうりの華 トレー

<長久保食品>きゅうりの華 トレー

塩漬けしたきゅうりと人参を柔らかなしその葉で巻き本醸造醤油に漬け込みました。きゅうりと人参の相性もよく、しその香りは食欲をそそります。

手作業から作り出される品は素朴で面白みがあり、花のように、目にもおいしい華やかな漬け物です。

食べやすい一口サイズです。

福島物産展には欠かせない<長久保食品>のしそ巻き姉妹品です。

販売価格: 368 円 詳しくはこちら

このページのTOPへ
©2017 物産展ダイレクトドットジェーピー
価格は全て税込みです。
RapidSSL [グループサイト]日本地域産業総合研究所バー 開業