元大手百貨店物産展担当者が旬や季節感にこだわりご当地物産展で販売される本物のお取り寄せをお手伝いするインターネット産直(産地直送)通販
<おことわり>消費税率引き上げに伴いメンテナンス中です。一部商品はこちらでお買い求めいただけます。
     
会員の方はこちらから
   

商品カテゴリーでさがす

キーワードで検索する

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

特集ページ

「お取り寄せ」で東北・関東の被災地支援-物産展ダイレクトドットジェーピー東日本大震災復興支援プログラム
仕入代金に加算して商品代金の10%以上が東日本大震災被災地の取引先に復興支援金として支払われます。
東京・横浜/名古屋/京都・奈良・大阪・神戸で開催されるご当地物産展カレンダー
旬と季節感があれば物産展がもっと楽しい。物産展×歳時記
産直ギフトでお中元 物産展ダイレクトドットジェーピー中元ギフトセンター
スローライフ
みんなで食料自給率アップ!物産展ダイレクトドットジェーピーはFOOD ACTION NIPPONの推進パートナーです。
物産展ダイレクトドットジェーピーはFOOD ACTION NIPPONの推進パートナーです。

物産展ダイレクトドットジェーピーは個人情報を保護するためGeoTrustの所有運営するRapidSSLを導入して通信を暗号化しています。

新年
大寒
物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記タイトル
物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記小寒「芹乃栄せりすなわちさかう」 物産展ダイレクトドットジェーピー歳時記小寒「水泉動すいせんうごく」
更新日 2013/01/05
※このページのコンテンツ、商品情報は更新日現在のものです。

    1月5日は二十四節気の小寒です。

まだお屠蘇気分の抜けない人もいるかもしれませんが、日常に引き戻される時期です。受験生はいよいよ追い込みです。
一年でもっとも寒い時期を控えて体調管理に万全を期したいものです。

    小寒の暦

1月 5日小寒二十四節気の一つ。寒の入りとも。小寒から節分までを寒の内といい一年で最も寒さの厳しい時期です。小寒を過ぎると年賀状も「寒中見舞」になります。
1月 7日七草粥せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、という7種の菜を汁や粥にして食べると万病を逃れられると考えられ、その起源は平安時代にまでさかのぼれます。
1月 8日始業式小・中学校・高校の3学期が始まります。雪の深い地方では冬休みが長めで10日以降の始業式が多いようです。
1月10日十日戎初恵比須とも。七福神の一、商売の神様戎神を祀る西宮戎(兵庫県)、今宮戎(大阪府)などの年始の祭です。戎神は耳が遠いとされ、社殿にお参りした後に裏へ回り羽目板を叩いて「ただ今お参りしました」と言う慣わしです。「商売繁盛で笹持って来い」と言う掛け声でも知られるように、参道では笹に宝物など飾り物をつるした縁起物の福笹が売られます。
1月11日鏡開(鏡割)正月に歳神に供えた鏡餅を割って食べます。鏡餅を刃物で切ることを忌み、槌などで割るので、開く、割ると言います。
1月13日成人の日国民の祝日です。この日までの1年で満20歳になった新成人を祝う日です。薮入りの連想でこの日と定められたといいます。若者が都会に出る過疎地域では夏の旧盆時期に成人式を行うところもあります。近年では新成人の狼藉ぶりもニュース種になります。
1月14日左義長どんど、とんど(焼き)などとも。14日夜や15日朝にかけて注連縄や松飾りなどの正月飾りを焚き上げる祭りです。この火で餅や団子を焼いたり、火に暖まると災厄を払うという信仰もあり、灰を持ち帰ったりする風習もあるようです。書初めも火にくべて上達を計る地域もあります。
1月15日小正月地域によっては14日から始まったり、20日頃まで続いたり、日取りは様々のようです。近畿では正月は年始廻りの客の接待などに忙しい女性がようやく15日に自身の年始の挨拶に廻るという女正月という風習があります。
1月16日薮入り古くは商家ではこの日仕事を休み、使用人に親元へ帰らせたり、自由に外出させる日でした。九州では嫁や親元を離れた子が実家に戻る日でもあります。地獄の釜のふたも開くというほど羽をのばせる日でした。
1月17日阪神大震災17年1995年のこの日午前5時46分、阪神・淡路地方で最大震度7の震災が発生しました。6400余人が亡くなりました。
1月18日センター試験大学入試センター試験。かつては共通一次試験として国公立大学の試験でしたが、91年にセンター試験として私立大学の選考にも利用される試験になりました。今では多くの私立大も参加するため少子化でも受験者は増えています。

    小寒の旬

氷下魚こまいアイヌ語では「かんかい」と呼ばれ、道東の厚岸あたりからオホーツクにかけての寒さ厳しい北海道の近海魚です。タラの仲間で背中が濃い灰色で腹が白い魚で体長は20cm-30cm、1月から2月ごろが漁の最盛期です。氷に穴を開けて網を仕掛けたり、釣り人は氷上に小屋を組んだりもします。淡白な味わいで干物として消費されますが、凄まじく硬いので炙らないと食べられません。
たらスケソウダラと区別してマダラとも。体長80cmくらいの硬骨魚目タラ科の魚で腹部は白く大きく膨らみ背中は褐色ですが、まだらな模様があります。東北から北海道にかけて獲れる魚です
助宗鱈すけそうだら日本海では中国地方にまで分布し、真鱈よりはやや小さい魚ですが、やはり鱈の仲間です。1月から3月にかけて多く水揚げされ、身はすり身や卵巣はたらこの原料になります。
<北洋食産>北海道産 こまい

<北洋食産>北海道産 こまい

最も寒さの厳しい1月ごろに北海道で獲れるこまい(氷下魚)というタラの仲間の白身魚の干物です。

価格(税込) 840 円 詳しくはこちら

<北洋食産>季節限定・たちかま 
  • 限定品

<北洋食産>季節限定・たちかま 

真たらの白子を新鮮なうちに塩とごくわずかなでんぷんだけですり身状に練り上げました。鍋物、バター焼、刺身など食べ方もいろいろです。冬季限定品です。

価格(税込) 1,575 円 詳しくはこちら

<北洋食産>北海道産 すきみたら

<北洋食産>北海道産 すきみたら

根室産のたらを塩に漬けてから乾燥しました。全国の百貨店の北海道物産展でも多くのファンを持つ商品です。

価格(税込) 2,940 円 詳しくはこちら

<北洋食産>北海道産 ぽんたら

<北洋食産>北海道産 ぽんたら

そのままむしって食べても、マヨネーズ七味をつけて食べてもビールがすすみます。

価格(税込) 840 円 詳しくはこちら

    小寒のおすすめ商品

鍋料理特集セット・材料
<藤井水産>北海かに鍋
  • オススメ

<藤井水産>北海かに鍋

北の海で育ったかにを揃えた鍋セットです。昆布出汁と醤油ダレでお楽しみ下さい。剥き身で雑炊もお召し上がり下さい。

※この商品の送料は商品代金に含まれます。

価格(税込) 10,500 円 詳しくはこちら

<藤井水産>北海寄せ鍋
  • オススメ

<藤井水産>北海寄せ鍋

北海道産の原料にこだわって揃えた寄せ鍋セットです。昆布だしと特製合わせ味噌でお召し上がり下さい。

※この商品の送料は商品代金に含まれます。

価格(税込) 5,250 円 詳しくはこちら

米沢牛切り落とし 320g

米沢牛切り落とし 320g

日本三大牛の一つ米沢牛を米沢牛指定販売店から直送します。

価格(税込) 3,150 円 詳しくはこちら

<愛和産業>みちのくすっぽん鍋
  • オススメ

<愛和産業>みちのくすっぽん鍋

コラーゲンたっぷりのすっぽん鍋です。うまみもたっぷり。あまり馴染みのない鍋料理ですが、食通の評価の高い鍋物です。

価格(税込) 7,350 円 詳しくはこちら

<愛和産業>みちのくすっぽん鍋
  • オススメ

<愛和産業>みちのくすっぽん鍋

コラーゲンたっぷりのすっぽん鍋です。うまみもたっぷり。あまり馴染みのない鍋料理ですが、食通の評価の高い鍋物です。

価格(税込) 5,250 円 詳しくはこちら

このページのTOPへ
©2017 物産展ダイレクトドットジェーピー
価格は全て税込みです。
RapidSSL [グループサイト]日本地域産業総合研究所バー 開業