<北洋食産>季節限定・利尻産 えぞばふんうに 生うに


うにの王様えぞばふんうにを最高の産地から。夏の季節限定品です。



※2012年の販売は終了いたしました。

利尻産えぞばふんうにを塩水に漬けました。漁期の関係で6月下旬から8月上旬の季節限定品です。繊細で上品な甘みがあり、磯の風味と相まって食欲をそそります。北海道の冷たい海で昆布をえさに育ったうにの最高級品、えぞばふんうにならではです。

しかも利尻産のえぞばふんうには昆布の中でもだしのうまさ、上品さに定評のあるプロも愛用する利尻昆布を食べています。その味わいの良さがいかばかりか想像していただけるでしょう。

まれに利尻昆布の真ん中に穴が開いているものがあります。比較的身の厚い利尻昆布は簡単には穴が開くものではありません。これはえぞばふんうにやきたむらさきうになど、うにが齧った跡なのです。

また塩水漬けえぞばふんうにの柔らかい食感は格別。塩水漬けといってもうに自体に塩味は付いていません。口に入れると、甘みと磯の香りが広がり、舌の上で溶けていくような食感。みょうばんで固めた箱に盛ったうにでは味わえない至高の食感なのです。

柔らかく崩れやすい生うにはほとんどがミョウバン漬けか塩うにに加工して流通します。塩水に漬けると重くなる上に、ミョウバン漬けに比べると日持ちもしません。物流や廃棄ロスなどコスト面を考えるとどうしてもミョウバン漬けが多くなってしますのです。

しかしミョウバンに漬けると独特のエグミが出るとされており、みょうばんで形を整えた箱盛のうにの味わいは、塩水漬けのえぞばふうにの繊細な甘みには及ぶものではありません。

このように繊細な味わい、上品な甘みをもつ塩水漬けえぞばふんうにはぜひ何もつけたりかけたりせずにお召し上がりください。かけたとしても醤油をホンの少しだけ。わさびは繊細な風味を壊さないようにつけないほうが良いでしょう。

ごはんに載せてうに丼も良し、かにやいくら・えび・ほたてなどと盛りつけて海鮮丼もいいでしょう。丼ものは生のえぞばふんうにを存分に楽しめますが、ひとつだけお気をつけください。繊細な味を壊さないようにうに丼は酢飯ではなく白ごはんをお奨めしています。

※市場価格の変動が激しいため価格を変更することがあります。




価格(税込): 3,990 円
ご購入につきましてはPCからお願い致します。


[0]TOPページへ

Copyright(C)2000-2022
BussantenDirect
All rights reserved